1. Top » 
  2. 巨大マーケットへの架け橋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2年で5000万円稼ぐ方法

    それがコレ

    日本国内では自動車産業をも遥かに凌ぐ巨大市場・・・

    彼がその巨大市場に参入していくために行った『意外な方法』は
    ネット上に幾つも存在する”●●●●●”を
    「8つ」集めていく事でした

    メール関係でもブログ関係でもサイト関係でも無い全く新しいネット媒体

    そのネット媒体を「巨大マーケットえの架け橋」として
    多額のキャッシュを”半強制的”に引き出し続ける方法

    その架け橋を使い、彼がここ2年間で稼ぎ続けてきたキャッシュは
    悠に”5000万円”を超えています・・・

    3000万円を超える銀行通帳の残高。。。
    スポンサーサイト

      3ヶ月で本業に匹敵する金額が銀行に振り込まれました

      何をしたかというと。。

      「ネット上から8つ、●●●●●を集めてくれば稼げるから・・・」

      私は彼にこう言われ、

      半信半疑のまま、それだけを忠実に繰り返してきました。


      ・ネット上から“8つの●●●●●”を集め、

      ・それを元に“巨大マーケットへの架け橋”を作り

      ・その架け橋をひたすら設置していく


      これだけの作業を繰り返し、3ヵ月が経過した頃、

      私の銀行口座には、

      これまで朝から晩まで、血なまこになって働いてきた

      自身の本業に匹敵するほどの収入が

      毎月のように振り込まれるようになっていたのです。



      もしもあなたが、狭い市場に参入者が溢れている

      従来のあらゆるネットビジネスで稼ぐことが困難であると気付き

      その逆とも言える、広い市場でわずかな参入者しかいない

      そんなビジネスの存在を信じられるなら、

      実際に、その“ありえないビジネスモデルへの参加資格”を

      これ以上無い形式で完全提供したいと思います。


      もしもその参加資格があなたにとって必要なものなら、、

      この手紙を最後までお読みいただいた上で

      しっかりと受け取っていただければと思います。

      続き

        アフィリエイト?オークション?ポイントサイト?そんなので稼げるわけねーじゃん

        オレはこんなのやってるよ

        「狭い史上に参入者が溢れかえっている」
        そんな多くのネットビジネス市場を尻目に

        彼は巨大なマーケットに対して、わずかな参入者のみの市場で
        継続的に安定した収入を稼ぎ続けていたんです


        「情報起業?アフィリエイト?アドセンス?

         ポイントサイト?オークション?ドロップシッピング?

         何を今だにそんなくだらねーことやってんだよ

         そんな狭い市場にこれだけの参入者が溢れてて

         そんなビジネスで、どう考えても稼げる訳ねーじゃん」



        4年ぶりに再開した学生時代の友人にそう言われ、

        私は正直、何も言い返せませんでした。


        その時は互いに同じ高校を卒業し、22になる頃でしたが、

        彼はすでに自身で会社を設立し、その事業もうまくいっているようで

        その一方、私はごく普通のサラリーマンでした。


        そんな中、互いにネットビジネスを副業としているという話から、

        このような話になったのですが、

        彼が言ったことに関しては、確かに私も同じことを感じていました。


        実際に私のネットビジネスの収入は全く安定しておらず、

        正直、副業とも言えないレベルの低迷ぶりを続けていたからです。


        ただ、市場というものは参入者が多くなるからこそ

        大きくなっていくものです。


        広い市場に対して参入者が少ないなどという

        そんな好都合な市場がそうそうある訳がありません。


        ただ、自信満々にそう語る彼の口ぶりに

        私は彼がネットで何のビジネスに取り組んでいるのか

        少し興味が湧き、

        彼が何のビジネスに取り組んでいるのかを聞き返しました。


        そして彼は私の問いに対し、

        自身が取り組むネットビジネスについて

        淡々と話し始めたんです。

          1兆円の市場から5000万を抜き取る

          その方法

          彼が語り始めた”聞きなれた市場”の”聞きなれないビジネスモデル”

          それは国内でも有数の巨大な市場にもかかわらず
          インターネット上では、まだその参入者の絶対数が極端に少ない
          非常に興味深いビジネスモデルでした



          彼が実際に取り組んでいたビジネス、

          それは、ターゲットを指しての市場規模などでは無く、

          リアルに現金が流動している市場規模で

          ここ1,2年は悠に1兆円を超える巨大な市場をターゲットにした

          本当に画期的なビジネスモデルでした。


          勿論、投資やギャンブルなどは一切無関係な

          国内のビジネス市場であり、

          市場規模で言えば、日本では自動車産業でさえ

          4000億~5000億円の市場とされていますから、

          この1兆円市場というものが、

          どれほど巨大なマーケットであるかは言うまでも無いと思います。


          何より、この市場は、誰もが知っている市場ですが

          衣、食、住などにちなんだ、

          アパレル・ファッション業や飲食業や不動産業などの

          誰もが密接しているような市場では無く、

          それは明らかにごく限られた人達のみが関わる

          かなり特質した市場でもあったのです。


          ただ、その市場を対象としたビジネスは

          基本的に、リアルビジネスが普通であり

          一般的にはネットビジネスと

          そこまで関連があるような市場とは思えませんでした。


          にも関わらず、彼はその市場とインターネットとをうまく繋ぎ

          見事にそのビジネスを成立させていたため、

          インターネットの上では

          その巨大なマーケットに対して、その参入者は

          本当にわずかであると言っていいビジネスモデルだったんです。

          詳しくはこちらをクリックしてご覧ください

            アフィリエイトじゃない方法で年間2500万円稼ぐ

            「オレは根本的にモノや情報の売り買いとかが関わるビジネスや
            そのアフィリエイトとかは一切やるきにならねーから
            そういうのは全く関係ないビジネスで気長にやってるよ」


            彼がそう言うとおり、このビジネスには

            モノの売り買いやそのアフィリエイトなど、

            それらの制約などによって初めて報酬が発生するビジネスは

            一切無関係なものでした。


            まさに私がその時に取り組んでいた

            情報販売、アフィリエイト、ポイントサイト、

            オークション、ドロップシッピングなど

            これらのモノの売買などによる制約報酬型のビジネスには無い

            揺るぎない確実性や、継続性が

            彼の取り組んでいるビジネスには存在していたんです。



            更に、その市場はいずれのビジネスよりも遥かに大きく、

            且つ、その参入者もわずかであるという点から、

            まさにそれらのビジネスと比べ、

            全ての要素が勝っているビジネスのように思えました。


            率直にそう感じた私は、

            具体的にどうやってその市場とネットとを繋ぎ

            収入を得ていくのかが気になりました。


            何より、私はすでに自分自身もこのビジネスを

            今すぐにでも始めてみたい気持ちでいっぱいだったんです。


            ただ、その問いかけに対して、

            彼から返ってきた言葉は私を落胆させるものでした。


            ただ、その話には続きがあったんです。

              Page Top

              最新記事
              カテゴリ
              リンク

              このブログをリンクに追加する

              Easyタグクラウド
              ブログランキング
              上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。